伽藍

本堂(久遠閣)

昭和56年、宗祖700遠忌記念事業として建立されました。

八角仏舎利塔

「お仏舎利」を収めているお堂です。当寺では「金剛宝珠御仏舎利」と呼んでいます。
「仏舎利」とはお釈迦様の御真骨(お骨)です。
平成10年、ネパール、カトマンズ釈迦族寺院「タウケル寺」のギャンカジ・シャーキャ師を招き拝戴した御仏舎利が納まっています。
歴史の浅い小さな田舎寺に御仏舎利が御座いますことは大変有り難く仏縁を感じずにはおられません。

位牌堂

檀信徒、水子供養をされた方のお位牌をお預かりしています。

山門(妙壽門)

平成5年、先代上人の恩師50回忌 報恩事業として建立しました。
両脇には仁王様を安置してお護りいただいております。

仁王下駄

平成12年、先代日規上人が日蓮宗総本山身延山 三門にある石下駄を奉納した際に以前からあった下駄を頂き本堂前に安置しております。
この石下駄は鼻緒が擦り切れて無くなっています。
きっと何万人もの人が下駄の上に乗りお参りしたのでしょう。

  • 足腰が強くなりますように
  • いつまでも自分の足で歩くことが出来ますように
  • かけっこでいっとうしょうがとれますように

祈願しながら足踏みをするように履いてください