開眼祈祷(入魂祈祷)

新しく仏像や仏壇や仏具を購入したり、お墓を新調、改修したりした際には「開眼供養」を行います。
「開眼」は「かいげん」と読みます。同じ字で「かいがん」とも読みますが開眼供養の場合は「かいげん」と読みます
仏教辞典を見てみると「新たに造立した仏像などに魂、精神を入れる事」とあります。

なぜ開眼供養を行うのか

仏具は新調した場合、そのものに祭祀としての対象としてお祀りする為に魂をいれなくてはいけません。
開眼をしなくては仏壇はただの棚ですし、墓石はただの石の塊です。
折角ご先祖様の為に新しく仏具を新調しても、しっかりと開眼をし、報告しなくては逆にご先祖様を困らせてしまう事にもなりかねません。

長光寺の開眼供養

長光寺の開眼供養は「開眼法要」を執り行い、法華経の読経の後、日蓮宗の祈祷をもって開眼入魂を致します。
墓石、仏壇、位牌の場合はご先祖様の供養も併せて執り行います。
御守御札の場合(場合によっては仏像仏画も)、当寺ではお名前、願意をその場で書き込み個別で開眼入魂を致します。
仏さまの御前で願意が届くように祈願、祈祷をしてから差し上げます。
ですので御守や御札だけを購入するのでなく、一緒に手を合わせ祈願をして頂きます。

また印鑑やアクセサリー類等にも開眼入魂いたします。ご相談ください。

開眼供養をするべきもの

  • 仏像、仏画
  • 仏壇、位牌、数珠等の仏具全般
  • 墓石、墓誌
  • 御守、御札

開眼供養実施例

他にもこのような開眼も行いました。

  • 結婚指輪・・・仲睦まじく互いに支えあって暮らせますように
  • 印鑑・・・銀行などで使う大切なものなので盗難防止と紛失防止を祈願
  • ひな人形、五且人形・・・健やかな成長を願って

※一部紹介です。他にも開眼して欲しいものございましたらご相談ください。

御祈祷料

墓石、仏壇、位牌 ・・・ 10,000円~(先祖供養料込)
仏像、仏画・・・ 5,000円~
数珠、印鑑、アクセサリー類など ・・・ 5,000円~